amazonプライム会員限定の新サービスamazon prime wardrobe(アマゾン プライム ワードローブ)がいよいよ日本でもサービス開始しました!

どんなものなのか?早速使ってみました。
※ここぞとばかりに普段絶対買わないであろうブランド物の腕時計も注文してみました。

prime wardrobe(プライム ワードローブ)を使ってみた

以下のリンクからamazon prime wardrobe(アマゾン プライム ワードローブ)に行けます。

amazon prime wardrobe

まずカテゴリ選択します。

「Men」を選択。

売っているものはこんな感じです。まあ、普通にamazonで売ってるものと同じ感じですかね。
こんなんとか↓

無料で試着」ということなので、普段買わないものを積極的に選んでみました!

1つ目はこちら。

あの「ザ・ノース・フェイス」のジャケットってどんな着心地なのかなと気になったからです。

上の画面だと料金が表示されています。
ここで、サイズを選択。

あ、右側に試す(7日間無料)prime wardrobeの文字が出てきました!!

この商品はMサイズとLサイズはプライムワードローブの対象なのですが、Sサイズは対象外です。在庫の量が関係してそうです。この点は注意しましょう!

カートに入れると以下のような画面になります。

3~8個なんですね。最低でも3商品選びましょう。

2つ目はスニーカー。試着できる良さはサイズを確かめられることですよね。

そして3つ目は、敢えて絶対買わないであろう[ガガミラノ]GaGa MILANOの腕時計をチョイスしました!!

ネタで頼もうと思っただけなんですが、意外と腕時計もいいかもしれませんね。

腕時計って一見カッコよくても、腕に付けてみたら意外と似合わないことってありますよね。腕の太さと文字盤の大きさの関係、腕の色と時計のカラーの関係など、パッと見だけではわからないことがあります。

お店でつけろって話もありますが、店行くのちょっと敷居が高いし、地方にお住まいの方にも便利です。

さて、この3つで決定しようと思ったら、なんと「小計 ¥79,640円」の文字が!

本当に無料なんですよね?こんなのに間違って¥80,000円も使ったらシャレになりません。ドキドキ…。

勇気を出して「発送に進む」ボタンを押してみると。

次の画面では、無事に請求金額0円になりました(*・ω・)

注文したのが10/25だったので、3日後()に届くようです。

スポンサードサーチ

ZOZO(ゾゾ)とprime wardrobe(プライム ワードローブ)の比較

ZOZOの「おまかせ定期便」との比較

ZOZOには「おまかせ定期便」というサービスが存在し、毎月服が送られてきて、試着することができます。こちらも大変オトクなサービスかと思います。

違いは、自分で商品を選べる点ですね。

自分で選びたい人や、私みたいに普段頼まないものを頼んでみたい、という人にとってはamazonプライム ワードローブのほうがよいかもしれません。

・品揃えの比較

品揃えは圧倒的にZOZOのほうがいいですね。比較になりません。

とは言え、amazonは今後に期待しています。

米amazonはオリジナルブランドを既に結構出してるんですよね。これらが日本に上陸したら、品揃えも相当良くなることが予想されます。

さらに、先日モデルの鈴木えみさんのブランド「Lautashi(ラウタシー)」が「Amazon Fashion Week TOKYO」に登場したというニュースが話題になりました。落合陽一さんが演出を担当されました。

鈴木えみ×落合陽一 対談インタビュー

amazonジャパンも下記サイトを見ると、いつの間にかブランドが拡充されてますね。

これは期待できそうです。

いかがでしたでしょうか。

これでますますamazonにどっぷり浸かること間違いなしです。

amazon prime wardrobe(アマゾン プライム ワードローブ)のリンクはこちら↓

amazon prime wardrobe

とりあえずamazonプライム会員入っとけ!オススメ!※もうamazon手放せない