こんにちはヤマピーブラック(@yamapyblack)です。

前回に引き続き、藤巻健史さんの『日銀破綻』を元に日本の財政を考えます。

前回のまとめ ※前回記事はこちら

  • 日本政府は破綻しない
  • インフレは嫌だ
  • 日銀の資産が底をついたら終わり

日銀はいつヤバくなるのか?

前回記事では、日銀が国債を爆買いしているということでした。
ただし、日銀の資産にも限界があります
日銀が国債を買うのをやめたら、いよいよヤバイです。

では、いつ本当にヤバくなるのでしょうか?

こればっかりは誰にもわかりません。

もしかしたら私達の資産が増え、銀行の預金も増えて、日銀の資産に余裕が出てくることもあり得ます。
もしくは、政府が財政を引き締めたり、増税によって借金のスピードがゆるくなる可能性もあります。

ただ一つ言えるのは、「日銀の資産が底をついたら終了」ではなく、「日銀ヤバそうだ!」という空気が蔓延したら終了ということです。
日銀なんかヤバくね?となれば、外国人投資家も引き上げるでしょうし、個人や銀行も国債売ろうとします。
預金を降ろしに走るかもしれません。

そうなったらアウトです。

「ふわっ」とした話だなあ、と思われる方もいると思いますが、だからといって何も対策しなくていいのでしょうか?

スポンサードサーチ

個人ができる対策は?

ぶっちゃけ、今後どうなるのかなんて誰にもわかりません。
藤巻健史さんの予測はハズレるかもしれません。

ただ、不測の事態に備えておくべきではないでしょうか?
「備えあれば憂いなし」です。

これは地震対策と同様です。
地震対策のため、地震保険に加入したり、食料を備蓄したりしておいたほうがいいですよね。
地震が発生しなければ、それはそれでOKです。

個人ができる備えは、資産を分散しておくことです。
日本円だけ持っているのは、リスク以外の何ものでもありません。

株などの投資をやる方にとって、分散投資はリスクヘッジの基本ですね。
むしろ「円」だけで全ての資産を持っているのは、理解に苦しみます。
全ての資産を「円」に投資しているようなものです。ドルなどに分散しましょう。

分散する対象は、外貨、外国株、仮想通貨など様々あります。

リスク分散する方法

①WealthNavi
 難易度★

WealthNavi』をご存知でしょうか?
資産を自動でいい感じに分散してくれるサービスです。

WealthNaviの画面↓

登録は簡単で、毎月1万円から積み立てることができます。
毎月日本円で貯金をしているという方。
一部をWealthNaviに振り向けてみてはいかがでしょうか。

②マネーパートナーズ(外貨両替)
 難易度:★★

藤巻健史さんは『ドル』と『仮想通貨』への分散をおすすめしています。
『ドル』ってどうやって持つの?
答えは、マネーパートナーズで持つのがベストです。

マネーパートナーズ

株式会社マネーパートナーズ 【Manepa Card】

マネーパートナーズは海外旅行に行く方におすすめです。
海外旅行で面倒なのが外貨両替。
手軽に外貨両替したいけど、手数料は安く抑えたいですよね。

そんな方にはマネーパートナーズがベストです。
手数料を抑えて外貨を持つことができます。
その外貨を『マネパカード』というデビットカードに入れて持ち歩けます。

私も海外旅行の際には、マネーパートナーズの『マネパカード』を利用して、お買い物やキャッシングをしています。

③仮想通貨
 難易度:★★★★★

ラストは仮想通貨です。
『コインチェック』の事件以来、すっかり下火となっている仮想通貨です。

ただ実は、ブロックチェーンは現在ゲームに利用されています。
ブロックチェーンゲームというものが存在するんですね。

なんだゲームか、と思うかもしれませんが、今後は実用的な用途に使われてくると思います。

いまは価格がやすいので、儲けたい人におすすめです。

仮想通貨の交換業者は、どこも大差ありません。
事件があった『コインチェック』や『Zaif』も結局全額保証してくれました。
また、現在は両業者とも運営元が変わっています。

そろそろ安心して取引できるようになってきたかな、と思います。

Zaif(公式HP)

スポンサードサーチ

『日銀破綻』個人でできる対策まとめ

今すぐリスク分散して、いざという時のために備えておきましょう。

あわせて読みたい

独学で学ぶ『お金』の教養