ブロックチェーンゲームをご存知でしょうか?ここ数年で流行ってきているゲームです。

ブロックチェーンゲーム 「ブレイブ フロンティア ヒーローズ」、配信後1週間のイーサリアム累計取引量において、国内タイトル歴代首位に

ブロックチェーンゲームは、ゲームのキャラやアイテムが「ブロックチェーン」に記録されるゲームです。

「それってなにがうれしいの?」
「これまでのゲームとはなにが違うの?」

こういった疑問にお答えします。

ブロックチェーンゲームとは?なにがうれしいの?【初心者にやさしい解説】

3つのポイントを解説します。

①ゲームのキャラやアイテムが自分のモノになる

ゲームの世界でゲットしたアイテムが自分のモノになります。正確には、アイテムがブロックチェーンに記録され、持ち出しできるということになります。(持ち出せる利点は②で説明します)

ブロックチェーンのカードゲームを例にとって解説しましょう。

アナログのカードは、購入すればもちろんそれは自分のものになります。自分で保管して、持ち歩いて、友人と交換したりできます。

しかし、デジタルカードゲームはそうはいきません。ゲットしたカードはあくまでゲーム内にあります。ゲームのサーバに記録されます。勝手に持ち出しはできません。

一方ブロックチェーンゲームは、デジタルなカードでありながら、自分のモノとして外に持ち出すことができます。

これが普通のゲームとブロックチェーンゲームの違いです。

②自由に売買できる

自由に持ち出せるということは、自由に売買できるということになります。

カードであれば、カードショップに売ったり、友人と交換できたりしますよね。

ブロックチェーンゲームもメルカリのような二次流通マーケットが存在し、そこで盛んにゲームのキャラが取引されています。

デジタルアイテムの売買サイトmiime

取引には仮想通貨が使われます。うまくやれば安く仕入れて高く売る、せどりも可能です。

③世界に一つだけのもの

ブロックチェーンに記録されるデータは世界に一つだけのものです。

前述のカードの例で説明すると、同じ種類のカードでも実はシリアルナンバーが違っています。

実態は違うものとしてブロックチェーンに記録されています。シリアルナンバー1のモノは特別な価値がついたりします。

あなたのカードは世界で一つだけのカードなのです。

スポンサードサーチ

ブロックチェーンゲームとは?なにがうれしいの?【まとめ】

  • ①ゲームのキャラやアイテムが自分のモノになる
  • ②自由に売買できる
  • ③世界に一つだけのもの

いかがでしょうか?
ブロックチェーンゲームは今までのゲームとは違う、次世代のゲーム。

もしブロックチェーンゲームを始めたいという方は、こちらの記事を参考にして始めてみてください。