社会人ならやっぱり読書ってしたほうがいいのかな…。みんな、どれくらい本にお金かけてるんだろう?

デキる社会人は読書をしています。
本は社会人が勉強し続けるための大事な『教科書』です。

では、どれくらい本にお金を使うべきなのでしょうか。

【読書】社会人は年収の〇%を本に投資せよ

結論から言うと、年収の10%です。

年収400万だとしたら、年間40万円。月にすると3万円くらい本を買うとよいです。

本の値段が一冊1000〜1500円として、約25冊くらいでしょうか。
ちょっと多いですよね。
でも、本への投資は無駄にはなりません。

スポンサードサーチ

社会人が本にお金を使うべき理由

本は自分への最大の自己投資です。
自己投資はケチるべきではありません。

自分への投資のリターンは、年収アップです。

自己投資によって年収が10%アップしたと仮定します。
年収400万円の場合だと、440万円になります。
これで年間40万円の出費はペイできますね。

しかもこの年収アップは、ボーナスのような一過性のものではなく、来年以降も継続します。
自己投資は継続性があるため、長期で見れば見るほど効果が現れます。

浪費は節約してください。飲み会とかですね。
いくら浪費をしても年収アップには繋がりません。
しかも飲み会は一回4000~5000円くらいかかるでしょう。さらに二次会行ってタクシー乗ったりすると。。。
それに比べると、本は全然安いですね。

成功した社会人は皆本好きだった!

成功した社会人の方々は、皆一様に読書家です。

  • 成毛眞:元マイクロソフト社長。インスパイア取締役ファウンダー
  • 出口治明:元日本生命ロンドン事務所長、ライフネット生命創業者、APU学長
  • 藤原和博:元リクルート社フェロー、前奈良市立一条高等学校校長
  • 前田裕二:元UBS証券勤務、SHOWROOM創業者

ここに挙げた方は皆、読書家の方々です。
むしろ、成功した社会人で読書をしない人は皆無です

ついでに、メルカリ創業者の山田進太郎さんのインタビューを載せておきます。メルカリ山田さんは、なんと年間365冊本を買うらしいです。スゴい…。
1年間で365冊の本を買う–メルカリ山田会長のライフスタイル

スポンサードサーチ

社会人が読書すれば本当に年収は上がるのか?

一方で、読書すれば必ず年収が上がるのか?という疑問はあると思います。

確かに、そう単純ではありません。

年収アップには、スキル、人間関係、タイミングなど色々な要素が必要です。
したがって、残念ながら読書→年収アップとすぐに繋がるとは限りません。

しかし、長期的に見ると、社会人にとっての読書は『成功の必要条件』なのです。

成功したビジネスパーソンは読書家であると書きました。
それは図に表すと以下のようになります。

読書すれば必ず年収アップとは限りませんが、読書しないで年収アップすることはできません。
読書は、必要最低限やらなければならないものです。

追記:無理に年収の10%を使わなくてもよい

年収の10%を本に使えと言ってきましたが、無理して10%のルールを守る必要もないです。

認識して頂きたいのは、自己投資ににお金をケチるな、ということです。

本にそこまでお金を使うことに抵抗がある人は、ひとまずKindleアンリミテッドに入会してください。月額980円で本が読み放題です。
これで年収が数%でもアップするのなら、1年でらくらくペイできるでしょう。
Kindle Unlimited(公式)

まとめ

  • 年収の10%は本に投資すべし
  • 年収アップの鍵は自己投資
  • 読書は年収アップのための必要条件

本への投資をケチらず、バンバン本を買って読むことが年収アップへの王道です。

今すぐAmazonで気になる本をポチりましょう。

あわせて読みたい

読書初心者が必ず月1冊本を読めるようになる方法【おすすめ本あり】
【読書初心者】社会人で読書するなら必須!?アマゾンのサービス5選