覚えておきたい役者シリーズ、第四回は『中村勘三郎』です。
2012年に惜しくも亡くなってしまった中村勘三郎さん。
ご存じの方も多いと思います。

中村勘三郎の公演を観に行く前に、予習しておきたいことをまとめました。

スポンサードサーチ

【歌舞伎初心者】押さえておきたい役者④『中村勘三郎』

役者の概要

2012年に十八代目中村勘三郎が亡くなったので、現在は空席です。

中村勘三郎を知りたい方は、まずこちらの映画を観ることをオススメします。
勘三郎とはどういう人物だったのか。その魅力の全てが詰まっています。

屋号

屋号は『中村屋』。
名字と同じなので覚えやすいですね。

» 屋号とは?

歴史

十八代ということで、かなり歴史の長い家柄です。
しかし、幕末頃には中村勘三郎を名乗るものがいなくなり、「預かり名跡」となります。

十七代目が復活させ、現在の中村勘三郎となりました。

家系図

中村勘三郎には二人の息子がいます。
「中村勘九郎」と「中村七之助」の兄弟です。

特徴

中村勘三郎はとにかく精力的で、何にでもチャレンジする人でした。

コクーンシアターでの「コクーン歌舞伎」、「平成中村座」の復活、数々の地方巡業、ニューヨークでの公演。CMなどメディアにもよく登場していました。

役柄も、立役から女形、世話物など何でもこなす万能役者でした。

中村勘九郎はその精神を継いでか、現在はNHK大河ドラマ「いだてん」の主演など、活躍の場を広げています。
弟の中村七之助は女形役者としての地位を確立しつつあり、こちらも目が離せません。

直近の公演

直近の公演は予定されていないようですね。
DVDなどでも歌舞伎は観られるので、そちらを利用するとよいでしょう。
» 歌舞伎をDVDで観よう【お家で気軽に歌舞伎を観る】

スポンサードサーチ

【歌舞伎初心者】押さえておきたい役者④『中村勘三郎』

いかがでしょうか。

中村勘九郎、中村七之助兄弟の今後の活躍に期待しましょう。

あわせて読みたい