歌舞伎には『一幕見席』(ひとまくみせき)と呼ばれる当日券があるのをご存知でしょうか。

『歌舞伎に当日券があるの?』
『一幕見席って何?』
『一幕見席の注意点は?』
こういった疑問にお答えします。

※現在、一幕見席は東京は銀座の『歌舞伎座』にしかありません。残念ながら他の劇場にはないので気をつけてください。

【歌舞伎初心者】はじめての一幕見席(当日券)【注意点は?】

予約は不要。料金は?

歌舞伎を観るにはチケットを予約するのがベストですが、そうもいかない場合もあるでしょう。

試しに歌舞伎座のチケット予約状況を見てみましょう。(2018年10月11日時点)

チケットweb松竹:https://www2.ticket-web-shochiku.com/ticket/openseat.do

3階B席はオール✕で、3階C席も一日しか空いてないですね。
2等席はまあまあといったところでしょうか。

歌舞伎座の値段は以下のとおりです。

  • 1等席…18,000円
  • 2等席…14,000円
  • 3階A席…6,000円
  • 3階B席…4,000円

2等席になると価格が一気に跳ね上がり、14,000円ですね。これは高い。

一方、一幕見席の値段はというと、以下の通りです。

歌舞伎美人:https://www.kabuki-bito.jp/news/4974

演目によって値段のバラつきがありますが、500〜2000円といったところでしょうか。
時間が長い演目や、人気の演目は値段が高めに設定されています。

ここで注目ですが、一幕見席は【昼の部】【夜の部】の中で、さらに演目ごとに値段が書いています。

一幕ずつ観る

一幕見席はその名の通り、一幕ずつ観ることができます。

普通に予約すると、【昼の部】か【夜の部】のどちらかしか選べないので、連続で3幕ほど観ることになります。

一幕見席なら観たい演目だけサクッと観ることができます。
もちろん通しで観ることも可能です。

※詳しくはこちらで解説しています。
【歌舞伎初心者】はじめての「一幕見席」(当日券)〜攻略編〜

最後方の席で観る

一幕見席の座席ですが、残念ながら一番後ろです。
3階B席のさらに後ろになります。
こんな感じです。

遠いですが、ここからでも意外と見えます。
まあ、3階B席とはそんなに変わらないです。

花道はギリギリ見えますね。

とは言え、遠すぎて役者の細部がよく見えないので、「オペラグラス」は必須と言えるでしょう。
値は張りますが、こちらがオススメです。

価格を抑えたい方はこちらがおすすめ🔽

注意点:お弁当は買えない

一幕見席の入場口は別になっているため、お弁当が買えません。
人形焼も買えません。
飲食はOKなので、必要であれば事前に買っていきましょう。

お弁当は買えないものの、筋書は買えます。オーディオガイドも借りられます。
一幕見席専用のカウンターがあるので、そちらで筋書やオーディオガイドを手に入れましょう。

スポンサードサーチ

【歌舞伎初心者】はじめての一幕見席(当日券)【まとめ】

  • 予約は不要
  • 価格は500〜2000円
  • 一幕ずつ観る
  • 最後方の席で見る。オペラグラス必須
  • お弁当は買えない。筋書とオーディオガイドはある

いかがでしょうか。

具体的にいつ、どこに並べばいいの?ということについては、こちらの記事に書いたので、あわせてご参照ください。

【歌舞伎初心者】はじめての「一幕見席」(当日券)〜攻略編〜