覚えておきたい役者シリーズ、第二回は『松本幸四郎』です。
歌舞伎のみならず、幅広く活躍されています。

松本幸四郎の公演を観に行く前に、予習しておきたいことをまとめました。

» 第一回はこちら

【歌舞伎初心者】押さえておきたい役者②『松本幸四郎』

役者の概要

当代は十代目「松本幸四郎」。
ただ松本幸四郎と言えば、先代の九代目松本幸四郎を思い浮かべる方も多いでしょう。

九代目松本幸四郎↓

https://dot.asahi.com/print_image/index.html?photo=2017111800019_1

現在は「松本白鸚」(まつもとはくおう)となり、第一線を退いています(引退したわけではありません)。
2018年1月に息子である元「市川染五郎」が松本幸四郎の名を継ぎました。

屋号

屋号は『高麗屋』(こうらいや)です。
» 屋号とは?

歴史

もともと市川團十郎家の弟子にあたる役者のようです。
ただ、市川團十郎家が松本幸四郎家から養子をとるなど、両家の関係は深いようです。

家系図

女優の松たか子さんは松本白鸚の娘です。


特徴

七代目松本幸四郎の『勧進帳』の弁慶は「絶品」といわれ、生涯に約1600回も演じられたそうです。

また、九代目松本幸四郎はブロードウェイでミュージカルの主演を務めるなど、歌舞伎以外の活動も精力的でした。
メディアへの露出も多く、多彩な俳優と言えるでしょう。

当代の十代目「松本幸四郎」に関しては、市川染五郎時代のこちらの本を読むとよくわかります。

直近の公演

歌舞伎座の六月大歌舞伎で「松本白鸚」「松本幸四郎」「市川染五郎」の3名が揃います。

» 歌舞伎座 六月大歌舞伎

スポンサードサーチ

【歌舞伎初心者】押さえておきたい役者②『松本幸四郎』

いかがでしょうか。

多彩な役者、松本幸四郎。
ぜひ一度劇場にてご覧になってみてください。

あわせて読みたい