押さえておきたい役者シリーズ、第五回は『市川猿之助』です。
市川猿之助は「歌舞伎の異端児」と呼ばれています。

市川猿之助の公演を観に行く前に、予習しておきたいことをまとめました。

スポンサードサーチ

【歌舞伎初心者】押さえておきたい役者⑤『市川猿之助』

役者の概要

当代は四代目市川猿之助。

先代の三代目市川猿之助は「ケレン」を復活させました。
宙吊りで演技するアクロバティックなものです。
また、「スーパー歌舞伎」という境地を切り開いたのも三代目市川猿之助です。

四代目はそれを引き継ぎ、「ワンピース歌舞伎」に挑戦しました。

屋号

屋号は『澤瀉屋』(おもだかや)。
オモダカという薬草が由来のようです。

歴史

歴史は四代しかありませんが、二代目市川猿之助は海外で舞台芸術を学んでいます。

三代目市川猿之助は孤児です。
異端児扱いされていましたが、現在は広く認められており、歌舞伎の今後を担う人材の一人となりました。

家系図

俳優の香川照之は三代目市川猿之助の息子です。
ただ、しばらく勘当されており、最近になって「市川中車」として歌舞伎デビューしました。

特徴

「スーパー歌舞伎」をご存知でしょうか。
三代目が「ヤマトタケル」を始め、四代目が「ワンピース」を上演しました。

『映画の時間』より
『松竹HP』より

賛否はあると思いますが、歌舞伎は昔から変化してきた芸能なので、一度観てみるといいと思います。

直近の公演

歌舞伎座の六月大歌舞伎で「市川猿之助」が出演します。

» 歌舞伎座 六月大歌舞伎

スポンサードサーチ

【歌舞伎初心者】押さえておきたい役者⑤『市川猿之助』

いかがでしょうか。
歌舞伎界の異端児、市川猿之助。

ぜひ一度劇場にてご覧になってみてください。

あわせて読みたい