読書の秋。
読書はしたいけど、時間がない、本を持ち歩くのが面倒くさい、という方もいるかと思います。

そんな方は、スマホで本を読むのもアリかもしれません。

しかし、スマホで本を読むくらいなら、私はキンドルを使って本を読むことをおすすめします。

【読書】スマホよりキンドルで本を読むことをおすすめする3つの理由

1、スマホは目に悪い

スマホの画面は小さいです。

何度もスクロールしながら本を読むことになります。
これは非常に目が疲れる。

ただでさえスマホやパソコンを見る時間が長い現代人。読書までスマホでやると、眼精疲労が大変なことになります。

加えて、液晶のブルーライトは寝る前に浴びてはいけません。寝つきが悪くなり、睡眠の質が落ちてしまいます。

キンドルは電子ペーパーですので、液晶ではありません。

紙の本と同じくらい読みやすいです。これは言葉では伝わらないので、ぜひキンドルを試してみてください。

2、ナナメ読みしづらい

1でも述べましたが、スマホは画面が小さい。

本は全体を眺めつつ、重要なところとそうでないところを、強弱をつけて読むものです。

読書家の方ほど一定のペースで読むのではなく、強弱をつけて読んでいます。

ですが、スマホの画面の小ささでは、全体を眺めることができません。

したがって、一定のペースで漫然と読まざるを得ず、読んだ内容が印象に残りづらいです。

キンドルの大きさであれば、1画面で段落の構成がわかるので、強弱をつけて読みやすいでしょう。

3、スマホは充電がもたない

これは特に旅行の際に致命的なのですが、スマホは充電が持ちません。

同じ分量を読んだとして、スマホとキンドルでは、圧倒的にキンドルのほうが充電が持ちます。

スマホはもちろん読書以外にも様々な用途で使います。スマホの充電が切れたら緊急時に連絡もできませんし、最近だとキャッシュレス決済もできなくなってしまいます。

キンドルはかなり使ってても、3日くらい充電せずとも大丈夫です。

充電を気にせず読書できたほうが集中できるでしょう。

スポンサードサーチ

キンドル端末はこちらがおすすめ

キンドルはいくつか種類がありますが、こちらで問題ないでしょう。

大きさ、容量など最もバランスのとれた機種です。

その他、大容量の「キンドルオアシス」という機種は、大きすぎるので買う必要はないと思います。

【読書】スマホよりキンドルで本を読むことをおすすめする3つの理由【まとめ】

  1. スマホは目に悪い
  2. ナナメ読みしづらい
  3. スマホは充電がもたない

スマホで読むくらいなら、一度キンドルを試してはいかがでしょうか。