こんにちはヤマピーブラックです。

私は本を数冊カバンに入れて持ち歩くことが多いのですが、やはり重いですね。Kindleがいいです。紙の本も捨てがたいんですが…Kindleに移行する流れは止まらない気がします。

さて、今回は『まずは月に1冊本を読もう』というタイトルで書かせて頂きます。

このテーマについて書こうと思ったきっかけは、『藤原和博の必ず食える1%の人になる方法』という本を読んだからです。この本にそのまま『本を月1冊以上読むか、読まないか』と書かれています。

なぜ月に1冊本を読むべきなのか?本日はそれについてお話します。

月に1冊本を読むだけで一歩リード

藤原和博の必ず食える1%の人になる方法』には、1%の人材になるための条件が提示されています。ひとつの条件をクリアすると2人に1人の人材になっていき、徐々に1/2、1/4、1/8とレアな人材になっていく仕組みです。

条件1 パチンコをするか、しないか
条件2 ケータイゲームを電車の中で日常的にするか、しないか
条件3 本を月1冊以上読むか、読まないか

条件3で出てきました。3までクリアすれば、あなたは1/8、つまり12.5%のレア度の人材にになれます。これなら結構簡単ですよね。

ここで藤原和博さんが条件3で『本を月1冊以上読むか、読まないか』と提示されているということは、いかに世の中の人が本を読んでいないか、ということの裏返しだと思います。

したがって、月に1冊本を読むだけで人より一歩リードできるということです。

スポンサードサーチ

読書は成功のための必要条件

成功した人は例外なく本を読んでいます。世の経営者で、本を読んでいない人はいないのではないでしょうか。

もちろん、本を読めば必ず成功する、というのは違うと思います。本をたくさん読んでいても、成功していない人はいると思います。

では本を読んでも意味ないというわけではなく、本を読むことは成功するための必要条件だと思います。

以下の図のイメージです。

まずは月に1冊本を読んで、成功のための最低限の条件を整えましょう。

本はコスパがよい

また、本は非常にコスパが良いです。1000~2000円で買えますし、中古だともう少し安く買うことができます。

飲み会に行くより断然安いですね。月に1冊の本代なら出せない人はいないと思います。

何かを勉強するとなると、英会話などスクールやセミナーに通うことを考える人もいるかと思いますが、そういうのはめちゃめちゃ高いですね。もちろんスクールやセミナーは効果も高いかもしれませんが、コストパフォーマンスがよいのは本だと思います。

スクールやセミナーを検討する前に、まずは月に1冊本を読む習慣を身につけてはいかがでしょうか。

スポンサードサーチ

まとめ

いかがでしょうか。

月に1冊本を読むというだけで、人より一歩リードし、自分のレア度を上げてみてはいかがでしょうか。

藤原和博の必ず食える1%の人になる方法』には他にも条件が出てくるので、一つ一つクリアして、必ず食える1%の人を目指しましょう!

▼こちらの記事もオススメ▼

読書は習慣化しないと効果なし【本から教養を得よう】