就活の自己分析ってどうやるの?『絶対内定』という本が有名らしいけど。。。

就活で『自己分析』は必須です。
自分は何が好きで、何がキライなのか。何をやりたくて、何をやりたくないのか。

ここをハッキリさせないと、入社した後で「やっぱ自分には合わない」となりかねません。

自己分析で有名なのは『絶対内定』という本です。
しかし、断言します。『絶対内定』はもう古い。

新たな自己分析の本をご紹介します。

【就活】自己分析はこの本を読め!【『絶対内定』はもう古い】

自己分析はこちらの本を読んでください。

メモの魔力』(前田裕二著)という本です。
「えっ、メモの本?」と思われるかもしれませんが、単にメモのノウハウを書いた本ではありません。

この『メモの魔力』は自己分析にかなりのページを割いています。
そして巻末に、自己分析をするための『自己分析1000問』がついています。

「1000問!?」というとビビる方もいるかもしれませんが、必ずしも1000問やる必要はありません
それより、『メモの魔力』を読むべきでもっと重要な理由があります。

スポンサードサーチ

【就活】自己分析は設問に答えて終わりではない

自己分析の一般的なやり方は、
「あなたの子供の頃の夢は?」
「理想の自分は?」
などの設問に答えるものです。
『絶対内定』も『メモの魔力』もこの点は同じです。

ただ実は、それだけでは不十分なのです。

自己分析において重要なのは『抽象化』です。

『メモの魔力』の著者前田裕二さんが語る動画(約1分)です。

「大学受験に受かってうれしかった」というのはあくまで事象であり、なぜうれしかったのかを深掘りします。

「自分の努力が報われたことがうれしかったのか」
「親の期待に応えられたことがうれしかったのか」
同じ「うれしかった」でも、その動機は大きく異なります。

その内在する動機を見つけること。
これが抽象化するということです。

抽象化することで初めて、本当に自分が何を好きなのかがわかります。

私は就活生の時に、『絶対内定』を最後までやり切りました。
しかし正直なところ、何も覚えていません。
設問に答えるだけの自己分析は、あまり効果はなかったと思います。

就活で『自己分析』は本当に役立つのか?

自己分析は本当に役立つのか?という疑問もあると思います。

それは前田裕二さんのもうひとつの著書『人生の勝算』を読めばわかります。

前田裕二さんは『SHOWROOM』というサービスを作り、起業しました。

実は前田裕二さんは、幼い頃は貧しい家庭で育ち、小学生の頃から「弾き語り」でお小遣いを稼いでいたという過去があります。

その原体験を元に作られたのが『SHOWROOM』。

SHOWROOMのコンセプトは「努力がフェアに報われる世界」。
生まれた環境に関係なく、誰もが活躍できる場を提供するプラットフォームです。

まさに、前田裕二さんの自己分析から生まれたサービスです。
このあたりの起業の経緯は、『人生の勝算』に詳しく書いてあるので、ぜひ一読してみてください。

スポンサードサーチ

自己分析をして悔いのない就活を

  • 設問に答えて自分を振り返る
  • 抽象化し、自分が本当にやりたいことを見つける
  • それを元に会社を選ぶ

いかがでしょうか。
意味のある自己分析をして、就職した後も悔いのない人生を送りましょう。

あわせて読みたい

【読書】『メモの魔力』(前田裕二)書評①『魔法の杖』を入手方法
『人生の勝算』現代の起業家のバイブル(前田裕二)