社会人として、まず身につけておくべきスキルは何だろうか?書店に行くと「◯◯力」などの本や、資格の本が大量にあるけど。。。

こういった疑問にお答えします。

※私は社会人歴8年で、コンサルタント、ITエンジニアとして仕事をしてきました。その経験を踏まてお答えします。

社会人のスキルで必要なのは2つだけ【だれでも身につけられる】

社会人に必要なスキルは「簿記」と「プログラミング」の2つだけです。

簿記

なぜ簿記が必要なのかというと、ビジネスのしくみを理解するためです。

簿記と言えば、経理の仕事をイメージするかもしれません。
しかしそうではなくて、会社のお金の流れを理解するために必要です。

そして、会社のお金の流れがわかれば、ビジネスのしくみが見えてきます。
どこにいくら使っているか、何で儲けているのか。
こういったことを数字で理解しましょう。

とは言え、必ずしも資格を取れ!とは言いません。

最低限、身につけるべきことをこちらに詳しく書きました。

プログラミング

プログラミングはテクノロジーを理解するために必要です。

今の時代、どの業界にもテクノロジーが入り込んでいます。
いわゆる「IT業界」じゃない人もテクノロジーと無縁ではないはずです。

広告業界、金融業界、建設業界、旅行業界…。
農業や医療にもテクノロジーが必須です。
テクノロジーはビジネスの「インフラ」になりました。

このテクノロジーを理解するためには、プログラミングを学習すべきです。

ちょうど、2020年度から小学校でプログラミング教育が必修化される予定ですね。
小学校プログラミング教育の手引(文科省ホームページ)

とは言え、忙しい社会人がプログラミングをどうやって学ぶのか?という話もあります。

こちらに詳しく書きました。

スポンサードサーチ

その他のスキルは不要なのか?

社会人で身につけるべきスキルは「簿記」と「プログラミング」の2つだけとお伝えしました。

では、その他のスキルは不要なのでしょうか?

もちろんあるに越したことはないと思います。
しかしその他のスキルは、仕事という実践を通して身につけていくべきでしょう。

例えば「コミュニケーション力」。
コミュニケーション力を勉強で身につけるのは難しいです。
本を読むことは意識するキッカケとしては有効ですが、後は実践の中で試行錯誤して身につけていくべきでしょう。
「質問力」「マネジメント力」なども同じです。

その点「簿記」と「プログラミング」は、社会人になりたての人でも、勉強さえすれば身につけられます

業界、職種を問わず必要になってくるスキルなので、早めに身につけておくべきでしょう。

社会人のスキルで必要なのは2つだけ【まとめ】


巷には色々なスキルが氾濫していますが、まずは「簿記」と「プログラミング」を身につけることに集中しましょう。

あわせて読みたい