『新R25』のこの記事を見て驚愕しました。

本もスマホひとつで、3日で書く。激動の新人時代に磨かれた西野亮廣の「書く力」

毎朝ジョギングしてるんで、そのときに走りながら書いてます。全部スマホで

本もスマホで書きますね。3日くらいあれば1冊書けます。

これは凄まじいですね。スマホでそんなに文章書けるんだという驚き。

お笑い芸人キングコング西野亮廣さん。最近では絵本作家、ベストセラー作家としてビジネス界でも大注目の人です。

私は西野亮廣さんのオンラインサロンに入っていますが、確かに毎朝かなり長文の投稿があるんですよね。

例えば、11/12の朝の西野さんの投稿は1960文字でした(スペース、改行除く)。この日が特別とかではなく、毎朝こんな感じです。

ホリエモンこと、堀江貴文さんも同じく、スマホでメルマガの原稿を書くそうです。

ほぼ100%をスマホでこなしている。パソコンすらあまり使わない。…フリック入力のスピードがブラインドタッチなみに速くなった今、パソコンを原稿書きに使う必要もない。
予測変換も活用すれば、長文入力するときのパフォーマンスはスマホもパソコンももほとんど変わらない。

『多動力』より

文章はパソコンで書くという固定観念をぶち壊せ!

私もこの文章をスマホで書いています(リンクの貼り付けなど仕上げはパソコンでやりますが)。

特にストレスは感じないですね、慣れてしまえば。

むしろ「スキマ時間に書ける」メリットがあります

この文章は電車の中で書きました。
パソコンを使うとなると、いちいちどこかのカフェに行って、注文して席について、パソコンを開いて起動して、ワードなど文章のソフトを起動して…。めんどくさくてもう無理ですね。

カフェが混雑して席がなかったり、レジに並んだりするともう最悪です。
まあ、ぼくはスタバ好きなので結構スタバに行きますが、パソコンは開かないことが多いですね。パソコンは大きくて場所をとるし、それでコーヒーこぼしたら嫌ですし。

スマホで文章を書けるようになってから、アウトプット量がかなり増えました。

皆さんもLINEなどメッセージはスマホでやっていると思いますので、スマホで少し長い文書くのもすぐに慣れると思いますよ。

ぜひスマホで文章を書くことに慣れ、アウトプット量を増やしてみてください。

▼『多動力』(堀江貴文)▼

▼「アウトプット」の重要性はこちらの本を読むことをオススメします▼

スマホで文章書くなら『Simeji』がオススメ【理由はシンプル】